スマホで出会えるサイト速報

ブラジルのハーフ女と大人の交際

ブラジルのハーフ女と大人の交際

乗り鉄マニアの私が有給休暇を利用して、九州へ鉄道旅行に行ったときの話だ。お正月番組で紹介されていた長崎県の松浦鉄道の全駅制覇を目指し、2泊3日の日程を組んでいた。最初の一日目は平戸市という街に泊まり、二日目は旅の終点となっている佐世保市という街に宿泊することになった。平戸という街は海に囲まれた島で、平戸大橋で陸地と繋がっているため、ほぼ遊ぶような場所は何もなかった。あえていうなら寂れたスナックが数軒ある程度だろうか。だが二日目の佐世保市という街は長崎県でも長崎市に次ぐ大きな街らしく、ここはそれなりに遊べるだとうと期待していた。だがしかし、その期待も見事に裏切られてしまった。というのも、長崎県自体が風俗営業に厳しい県らしく、風俗店の営業は一切認められていない県だったからだ。唯一認められているのが店舗を構えないデリヘルだけ。つまりデリヘルが誕生するまで、長崎県には1店も風俗系のお店はなかったという驚きの事実を知ることができたw

これは困った!というのも風俗店があるだろうと思っていて、デリヘルを呼ぶことは想定外だったため、デリヘルなどの入室に厳しい某○横インホテルで部屋を取っていたからだ。あそこのホテルはフロントが女性ばかりだったりするので、男性の気持ちを理解しない女性スタッフが多く、デリヘル嬢の入室などは目の敵のように厳しくチェックするのだ。
仕方なく私はデリヘルは諦め、出会い系サイト(PCMAX)に頼ってみることにした。
その選択が功を奏し、まさか美女と巡り合うことになろうとは、この選択をした時点では思いもしていなかった。

こんな言い方をすると失礼なのは承知しているが、まさかこんな九州の田舎でこれほどの美人と出会い系サイトで巡り会えるなんて。いや、こんな田舎だからこそ競争率が低いおかげで巡りあえたのかもしれない。それにこれは後になって知ったことなのだが、佐世保という街には米軍の基地があり、多くの外国人が住んでいる街として有名らしい。
さて私がこの佐世保で出会ったという美女について語らせてもらおう。
その女性はつい昨日20歳になったばかりだというハタチのハーフ美女だったのだ。母親がブラジル人で、父親は日本人とアメリカ人のハーフらしいのだが、まさに絶世の美女という総称がふさわしい女性だった。
こんな美女が出会い系サイトで割募集(フェラ割)していることにも驚きなのだが、これだけの美女でありながら条件は、「フェラ割=06K」という破格の安さだったことにも驚いた。これだけの美女ならどう考えてもフェラだけで10Kは楽に客が付くはずだし、もっと言えば出会い系サイトなんてしなくても、キャバクラやデリヘルで働けば、アッと言う間にナンバー1になれるのは間違いないだろう。
もし彼女が私が住む街で出会っていたならば、間違いなく定期でお願いするだろう。

それにラテンの血が入っているせいなのか、ノリも良いし、性格も明るくて文句のつけようがないとはまさにこんな娘のことを言うのだろうと思うほどエクセレントだ!
それでいて長い舌でペニスの隅々まで丁寧にフェラしてくれ、出会い系サイトで出会ったとは思えない程手抜きなどは微塵も感じることはなかった。なのでわたしはあまりの嬉しさに、思わず謝礼とは別にチップを渡してしまった。わたしが出会い系サイトで会った、しかももう二度と会うこともない女性にチップを払ったのは後にも先にもこの1回だけだ。

Check年間広告費10億円以上!今、最も勢いのあるサイトはココ!

>>ピーシーマックス
テレクラ業界最大手のリンリンハウスが運営しています。
賞金総額200万円の写メコンには、ギャル・学生~熟女まで幅広い年齢層が参加!
↓ ↓ ↓CLICK↓ ↓ ↓
無料登録はこちら

コメントはこちら

*
DigiPress

アフィリエイト
Return Top